女性活躍推進セミナー「女性が働きやすい職場づくりの極意」

5千人が来場するライフ・ワーク・バランスEXPO東京2019にて、女性活躍推進セミナーで登壇しました。定員60名、満席になりました。

同じ時間帯にメインステージでは、小室淑恵さん(株式会社ワークライフバランス代表取締役)と白河桃子さん(少子化ジャーナリスト)の対談が行われていました。私のミニセミナーはいわば裏番組で、こちらにお越しになっていただけで十分に有難かったです。

女性活躍のテーマでは、これまで何度か講演セミナーを行ったことがあります。例えば、今回中野区の男女共同参画担当者が参加くださっていたのですが、「女性が輝く日本!」と政府が言い出した当時に中野区でワールドカフェを行い「男性こそ輝け!」みたいな話しになったこともありました。(→中野区ざっくばらんトーク2015のレポート

女性活躍について語るスピーカーは数多います。そのなかで、私が「女性活躍」を語る意味は何だろう?

思い至ったのは、「万華鏡」でした。

女性が「女性活躍」を語る場合は、当事者としての発信になります。私は男性なので当事者目線というよりは、客観的な視点から語ることになります。

目の前にある課題を顕微鏡的に捉えるのではなく、俯瞰的に見据える。望遠鏡のように遠くを見るのではなく、身近にある問題を万華鏡のように眺めてみる。

万華鏡を回すと模様が次々と変化するように、様々な視点を提示することで「女性活躍」が新たな輝きをもつのではなかろうか。

そうしたことを考えながら、見方を変えるのは私の役目と念じて、講演に臨みました。

45分間の持ち時間で27枚のスライドを用意しました。その内、8割は新規で作成しました。

具体的には、4つの問いかけをした後に、私の見方を提示する流れで構成しました。

4つの問いは次のとおり。

  • 「そもそも、女性は活躍しているのでしょうか?」
  • 「女性が活躍できていないとしたら、阻害しているものは何でしょう?」
  • 「女性のリーダーが増えるとどうなるのでしょう?」
  • 「女性が働きやすい職場はどのような職場でしょう?」

女性は、ライフ(家庭・地域社会)では十分すぎるほどに活躍しています。家事労働は女性がほとんどを担っています。PTAをはじめ、地域のボランティア活動など女性のパワーで成り立っています。

しかし、ワークの場面では十分に活躍できているとは言い難い。働く女性が増えて、職域が拡大しているとはいえ、女性の管理職は少ないのが現状です。

次の問いは「女性の活躍を阻害しているものは何?」です。

これはいつも話していることですが、女性活躍推進の鍵は「男性の意識変革」にあり。夫が家事育児をシェアし、イクボスが働き方を柔軟にすることで、女性は仕事でも頑張ってみようという気持ちになれるもの。

一方、女性自身にも阻害要因があります。「自信がもてない」という心の壁です。インポスター(詐欺師)症候群の話しも紹介しました。

三つ目の質問は「女性リーダーが増えるとどうなる?」。

女性はコミュニケーション能力全般が高く、感情のケアが得意です。女性の特性を活かして、部下の気持ちに配慮したマネジメントになるでしょう。女性の感性を生かした商品開発もできるにちがいありません。

でも、私が伝えたのは職場の話題ではありませんでした。

「女性のリーダーが増えると戦争や紛争が減る」・・『女神的リーダーシップ』の研究成果を解説しました。

最近の企業や大学の不祥事、炎上CMをみていると、ほとんど全てといっていいほど、男性がやらかしてしまった感があります。これらやらかした経営陣やチームの中心に、もし女性がいたら、きっと事件は起きなかっただろうと感じてしまいます。

最後の質問は「女性が働きやすい職場とは?」。実はこのセミナーで一番伝えたかったのはこの部分でした。

中原淳先生の本から引用です。

「女性が働きやすい職場は、誰もが働きやすい職場である」

本セミナーのタイトルは、「女性が働きやすい職場づくりの極意」でした。極意といえるほどのノウハウではないかもしれませんが、次のスライドでポイントを伝えました。「心理的安全性」が鍵概念になると思うこの頃です。

「相手を理解するためのコミュニケーション」の一例として、イクボス研修でよく話すエピソードをスライドにしました。

新しいコンテンツで臨んだせいもあって、いつも以上に緊張しました。又、参加者が多様なため、話しの焦点が絞りにくく、難易度が高い講演でした。45分間の持ち時間を終えて、やりきった感がありました。

参加してくれた友人に感想を聞くと、話し合いの時間が刺激的で有意義だったとのこと。問いかけをした後、2分ほど近くの方同士で意見交換をしてもらう時間をとったのでした。・・私が一方的に喋るのが苦手で、今回も参加型で行いました。

話し合った内容を聞くと結構深くて、さすが問題意識をもった方々が参加されていたと感じ入りました。参加されたみなさんの意識が高かったおかげで、手応えのある講演ができました。感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA