働き方について

IMG_9829

先日掲載いただいた愛媛新聞の写真が好い感じでしたので、Facebookのプロフィール写真を変えました。

私の研修テーマは「自分らしくいきいきと働く」です。研修講師として独立する前、大企業やベンチャー、外資系など6回転職。「理想の会社」や「理想の職場」を求めて、様々な組織を渡り歩きました。

そこで分かったのは「結局は、自分次第」ということでした。つまり、自分自身がどのような気持ちで働くか。仕事にどう向き合うのか。その姿勢は、7回目の転職で公務員になった今も変わりありません。

会社が悪い!と愚痴を言いたくなるときもあります。愚痴が出るのは会社に期待している証拠で、決して悪いことではない。問題意識があるからこそ、文句を言いたくなる。会社を諦めた人は愚痴や文句を言いません。・・といった話を某社の女性社員研修でレクチャーしたばかり。
image

とはいえ、文句を言いたくなる会社で働くことを選んだのも、結局は自分。だから、すべての源泉は自分。どうせ働かなければならないのなら、文句愚痴を言わず、自分らしくいきいきと幸せに働きたいものです。

ちょうど今は異動のシーズンで、連日送別会の人もいるかもしれません。不条理な人事を嘆く方もいるでしょう。川崎のパパ友が「単身赴任という英語はないが・・」と、一人旅立つ苦渋の決断をされました。

「キャリアの8割は偶然で決まる」とプランドハプンスタンスセオリーで述べられる通りで、キャリアは自分の思ったとおりにならないことが前提。会社は選べても上司は選べない。辞令も拒否できない。それでも、住む場所くらいは自分の意思で選びたいと思うのです。

IMG_8733

いきいきと働くためのコツはいくつかあります。その一つが、職住と学校は近い方がいい。大学のキャリアカウンセリングでも「通勤時間も考えて会社選びをした方がいいよ」と就活生によく伝えます。私自身が強く実感しているからです。

数年前、仕事で毎日のように逗子から東京へ出かけ、通勤時間は一日あたり2時間以上かかりました。また、長女の入所が決まった保育園は自宅から片道20分の場所で、行き帰りの往復で毎日1時間半を費やしました。

それが、保育園のすぐ裏に中古の家が空いたので思い切って転居し、保育園の送り迎えが一日10分で済むように。たまたま家から小学校と学童も近くて徒歩3分。長女は毎朝8時まで寝ていますが、ノープロブレム。私も二年前から自転車5分の市役所で勤務が始まり、職・住・園・学校がすべて5分圏内に収まりました。

以前は通勤と送迎で一日3時間半以上かかっていたのが、今は30分以内に。一日で3時間の時間が浮きました。毎日3時間の余裕は本当に大きい。おかげで、期間限定の子育てを満喫できます。
image

「夫婦の会話が1日16分増えると月収10万円の満足度に相当する」とのシカゴ大学山口先生の説があります。一日3時間の余裕は給料で幾らに匹敵するのだろう。長時間労働・通勤の削減効果を端的に表すものとして、経済効果で研究した人はいないかな。

さて、働き方について色々と考えたのは、ファザーリング・ジャパンが先々週の金曜、3月18日夜「ニッポンの働き方」をテーマに緊急フォーラムを催し、3月25日の首相官邸の会議で長時間労働削減に向けて動き始めたとのニュースに接したからでした。

官邸

昨日、メルマガも出しました(FJメルマガ担当をしています)。ちょっと長いですが、こちらに転記。

【FJ NEWS16.3.28臨時号】長時間労働の解消に向けて!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月第二、第四金曜発行(発行部数 7,821部) *今回は臨時号
FJのFacebookページ 「いいね!」お願いします!
https://www.facebook.com/fathering.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長時間労働の解消に向けて!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月25日、首相官邸で開催された第6回一億総活躍国民会議で、少子化
ジャーナリスト白河桃子さんのプレゼンが奏功し、日本の時間外労働、
つまり残業が青天井になっている原因の「36(サブロク)協定」に
ついて、総理から「上限設定を検討する」旨の言及がありました。

3月18日に白河さんや小室淑恵さん、企業経営者らと開催した「FJ緊急
フォーラム~長時間労働是正&働き方改革」の真の狙いはここにありました。

フォーラムに合わせ、イクボス企業同盟の企業に協力いただいた
「FJ長時間労働アンケート2016」に官邸サイドも着目。
http://ikuboss.com/survey-results-2016.html

以下の総理の発言も出ました。

「企業側に聞いたところ、政府が全体の労働時間の抑制や働き方を
変えていくことについて、旗振り役を期待しているかということに
ついて期待している人が90%ということは、皆帰るのだったら
帰りたいということに変わり始めている。やっとそういう雰囲気に
変わり始めたので、ここは、正に我々が更に背中を押していくこと
が大切であろうと思います。」

FJの活動始めて10年。その間にも長時間労働が原因で、健康や
家庭を破壊してきた父親たちをたくさん見て来ました。

男性が子育てを楽しむためには、個人の意識改革だけでなく
「働き方の見直し、ライフとワークのハッピーバランスが必須」
とずっと言ってきましたが、ようやく山が動いてきた感があります。

今後は残業時間の法規制や行政指導が強まるかと思いますが、
会社次第でなく、私たち働く者側も定時内で仕事がアップできる
生産性の高い働き方を身につけましょう。

FJではパパたちに、その働き方(ワークスマート)を伝授しながら、
仕事も育児も楽しむ父親を増やす、また企業にイクボスを増やす
べく、今後も活動していきます!

=====以下総理発言の全文======

「第一に、長時間労働の是正であります。長時間労働は、仕事と
子育てなどの家庭生活の両立を困難にし、少子化の原因や女性の
活躍を阻む原因となっています。戦後の高度経済成長期以来浸透
してきた『睡眠時間が少ないことを自慢し、超多忙なことが生産的だ』
といった価値観でありますが、これは段々ですが、そうでもない、
生産性もないという雰囲気が、この3年間で大分変わり始めている
のではないかと思います。

私はまだ若いサラリーマンの頃、こういう価値観があって、夜8時
くらいに帰ろうとすると『もう帰るの?』、という雰囲気があった
わけですが、企業側に聞いたところ、政府が全体の労働時間の抑制
や働き方を変えていくことについて、旗振り役を期待しているか
ということについて期待している人が90%ということは、皆帰る
のだったら帰りたいということに変わり始めている。やっとそういう
雰囲気に変わり始めたので、ここは、正に我々が更に背中を押して
いくことが大切であろうと思います。

まず、法規制の執行を早急に強化をします。時間外労働を労使で
合意する、いわゆる36協定において、健康確保に望ましくない
長い労働時間を設定した事業者に対しては、指導強化を図ります。

また、関係省庁が連携して、下請などの取引条件にも踏み込んで
長時間労働を是正する仕組みを作ります。これらの執行強化について、
厚生労働大臣におかれては、経済産業大臣、加藤大臣の協力の下、
具体策を早急に取りまとめ、直ちに実行に移していただくよう、
お願いをいたします。

労働基準法の改正につきまして、多様な議論がありました。
これについては、現在提出中の労働基準法改正法案に加えて、
36協定における時間外労働規制の在り方について再検討を行う
こととします。」

☆首相官邸レポート(総理発言の動画あり)
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201603/25ichioku.html

☆白河桃子さんのブログ
http://s.ameblo.jp/touko-shirakawa/entry-12143179787.html

☆FJ緊急フォーラム「ニッポンの働き方は本当に変えられるのか!?
~長時間労働がなくなれば企業や社会はもっと豊かになる」
http://www.kokuchpro.com/event/7b44efed7143b4f69858f292fb01622f/

☆FJイクボスプロジェクト
http://fathering.jp/ikuboss/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
≪配信についてのおしらせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
□メールマガジンの登録・配信先変更・配信停止はこちら↓
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=h8t8
(解除できない場合は、gyoumu@fathering.jp まで)

※このメール【FJ NEWS】は、購読お申込みの方以外にも、これまで
にファザーリング・ジャパンに各種お問合せいただいた方、名刺交換
させていただいた方、セミナー、スクール等にご参加いただいた方、
およびFJの支援ネットワークの皆さまにお送りしています。

※本メルマガに関するご意見やお問い合わせは、gyoumu@fathering.jp
まで、メールでお送りください。

FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
父親であることを楽しもう!
NPO法人Fathering Japan(ファザーリング・ジャパン)
代表理事 安藤哲也
<連絡先>ファザーリング・ジャパン 事務局
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町三丁目21番地
ちよだプラットフォームスクウェア1320
E-MAIL:gyoumu@fathering.jp
http://fathering.jp
http://www.facebook.com/fathering.jp
JJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJ
★児童養護施設の子どもたちを応援しよう!
タイガーマスク基金・進学支援サポーター募集中!毎月千円から。
http://www.tigermask-fund.jp/donation.html#kyufu

FJ緊急フォーラムで小室淑恵さん始め、名だたるスピーカーによるアピール内容は、womenwill Japan のレポートをご参照。

スクリーンショット 2016-03-29 12.22.53

緊急フォーラム実施の3月18日夜、私も出かける予定でしたが、妻の職場で夜の会議が入ったので私は子守り当番に。夜の時間に出かけられるのは、夫婦の役割分担があってこそ。これでいいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA