ブリ尽くしな夜。パパの料理塾で伊根ブリ9キロをさばく。

乾杯から始まる「パパの料理塾」

昨年末にプレ講座に通い、美味なる料理を食べて作って堪能。すこぶる満足度の高い内容でした。(→ブログ「パパの料理塾で極楽ざんまい」

年明けから、1期が満員御礼でスタートしました。1期に特別講座があるとアナウンスがあり、出かけてまいりました。

<特別講座>伊根ブリ9キロを皆で食べつくす講座+いのちの食卓

京都から産直で取り寄せたブリで、様々な料理をつくって食べ尽くします。

会場は神田美土代町「MID STAND TOKYO]。
オーナーの北山さんから説明あり。キッチン付レンタルスペース、面白い場所でした。

ほかにもゲストが登場。「ポケットマルシェ」の本間勇輝さん。
川島農園のわけありイチゴは絶品美味でした!

ちなみに、私は本間さんとお会いするのは2回目でした。ご著書の『ソーシャルトラベル』、むちゃ面白いです。

約9キロのブリを、塾頭の滝村さんがお手本を示しながら、さばきました。

サバさばいたのではなく、ブリさばきました。

まずは、お刺身。脂がのりきっていました。
ブリっとする味でした。

こんなに沢山のブリを食べたのは、しばらくブリ

塾頭の指示で、参加のパパたちも包丁を手に動きました。
私はカメラを手に傍聴します。

ブリをしゃぶしゃぶ鍋でいただきました。
むしゃぶりつきました。

たれは、トロロとポン酢、生卵。
「となりのトッロロ、トーロロ」と歌いました。
ブリだけに。

つづいての一品は、ブリの胡麻だれ和え。
略して、ごまブリ。うまかったなぁ。

ブリの竜田あげ、
たったあげました。

ブリ尽くしのキッチンスタジアムを、
ぶりつき(最前列)で撮影。

私は生ビール4杯ですっかりできあがってしまい、戦力にならず。

親父ギャグ担当で、場を盛り上げることに努めました。

ぶりっ子♪してます

最後に、ふんどしの方もいらっしゃいました。

かつお風味のふんどし♪

と歌ったのは、嘉門達夫でした。

ちなみに、BGMでかかっていた曲は、
小柳ルミ子「おひさしブリね」で(嘘)

ブリの脂で、二日酔いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA