お盆の箱根ユネッサンは混んでっさん

箱根のユネッサンに、娘ふたりを連れて行きました。

妻が土曜出勤、父娘で家でずっと居ると気分が鬱屈しそうです。プールに行こう!と思ったものの、雨予報でテンションあがりません。

そんな中で候補にあがったのがユネッサン。屋内施設があるので雨でも大丈夫。娘たちに提案するとOKがでました。

とはいえ、事前にネットで調べてみると「汚い」「高い」と口コミは散々。しかもお盆前の三連休で大混雑が予想され、前言撤回しようか迷ったほど。

それでも他に行くところがあるわけでなく、ええい!と出発しました。

行きの道で、箱根湯本が大渋滞で参りました。ユネッサンに着くとチェックインで大行列(チェックアウトの行列も酷かった)。箱根のお盆だから仕方ないか。

施設内に入ると、プールは大混雑のコミッソン。予想どおりの芋洗い状態でした。

思いっきり水遊びしたい人や、泳ぎたい人には物足りないでしょう。ただ、うちの娘たちはプールの中で跳ねているだけで十分に楽しそう。コーヒー風呂やワイン風呂、滑り台など色々あり、満足した様子でした。

ランチは併設の水着で入れるバイキング。こちらも大行列で、一時間待ち。ディズニーランドとユネッサンの相違点を様々に分析しつつ、ようやく入店。お腹を減らして待ったおかげで、ランチは美味しくいただきました。

焼きそばやハンバーグ、肉団子など家庭料理が並んでいました。子どもにとっては馴染みのあるメニューばかりで、良かったかも。長女が一番気に入ったのは味噌汁でした。プールあがりで冷えた体の五臓六腑に沁みました。

7時50分に逗子を出発し、10時前に到着。30分待って入場、10時半からプール遊び、12時ランチの行列、13時ランチ、13時40分プール再入場、15時退場が大体のスケジュール。

17時に小田原でお茶して、19時に帰宅しました。

混雑、渋滞、行列は想定内で覚悟ができていました。
想定外で降参気分になったのは、万札が二枚飛んだこと。クーポンもっていったのに。

Box root(箱・根)、おそるべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA