座間市でシニア向け「人生100歳時代の生き方〜孤独との付き合い方」の講座を実施

座間市の生涯学習フェスティバル「楽しもう!セカンドライフ」の連続講座で講師出番でした。初回の講座を好い雰囲気で終えることができ、ご担当者とパチリ。

頂いたお題は次になります。

人生100歳時代の生き方を考える
〜孤独との付き合い方

「人生100歳時代の孤独」と口にすると、谷川俊太郎さん「二十億光年の孤独」を連想します。

進め方は、話し合いの時間を多めにとりました。孤独がテーマの講座ながら、孤独をもとめて来られる方はいないだろうと思い、実際そのとおりな手応えでした。

笑い声がたえず、孤独を感じさせない、孤独の講座でした。

シニア世代向けの講座は何度か行ったことはあります。でも「孤独」をテーマにした講座は初めてです。

孤独の本を買い込んで読み込みました。新しいテーマをもらってインプット読書するのが好みです。

私自身も内向的な性格で、ひとりで過ごす時間を大事にします。孤独がいけないわけではない。

ゆっくり話すように努め(私の講演はいつも超早口です)、親父ギャグを随時盛り込みながら講演しました。

妙齢のお姉様方からのウケが案外によかったです。新境地を開拓した気分です。

英語を使わないことも意識しました。高齢者の方向け講座で英単語を頻繁するのはよくありません。

逗子市のワークショップで、70代の男性から叱られたことがあります。
「ワークショップと聞いたのに、どこにお店があるんだ!!」

なので、次の親父ギャクは泣く泣くあきらめました。

「孤独について、lonly(ロンリー)な論理でお伝えします」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA