ずしまちクエストのお手伝い。今年で三年目と勘違い。

申込受付後、5分間で応募が定員に達して締め切りになったという超人気イベント「ずしまちクエスト」。

ずしまちクエストは子どもたちが商店街めぐりをする企画で、毎回お手伝いしています。

去年は交流センター、一昨年は東逗子と交流センターで開催しました。
・・東逗子の回を三年前と勘違いしてました。失礼をば。

(2年前のレポート)
◆2017年2月5日「ずしまちクエスト東逗子編は子どもたちと大学生が大盛り上がり」
◇2017年2月12日「小学生と大人を地元の商店街をつなげるスペシャルな企画〜ずしまちクエスト「商店街たんけん隊」第二弾」

去年のブログレポートがないので??と思ったら、「写真をSNS等にアップしないでと言われた」と当時のメモを見つけました。

なので、今年も子どもが顔出しの写真アップを控えたいと思います。
・・好い感じの写真がたくさん撮れたのに惜しい。

子どもたちが5人チームになり、三つのミッションを授かって街に出ます。

渡された地図をもとに工程を考えます。大人は基本、口出しをしません。

私が担当した班は、ジョニー湘南、セブンイレブン、鳥一にいきました。

ハワイアンのお店・湘南ジョニーではお土産をいただきました。

鳥一では、渡された軍資金で焼き鳥を買いました。

インタビューした内容を取材メモに記入します。

最後は交流センターに戻って新聞をつくりました。

街を歩くときも、お店を訪ねるときも、新聞をつくるときも安定感抜群のチームで、私はいたって楽チンでした。

企画者のつじちょうは準備が大変だったと思います。

おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA