ずしまちクエスト「商店街たんけん隊!」を今年も実施できました。

逗子の商店街を小学生が巡る「ずしまちクエスト」。今年で4回目です。

初回は私が逗子市市民協働コーディネーター在任時に企画しました。逗子市商工会とタッグを組んで商店街のお店に個別訪問して許可を得るところから始まり、申込者が毎回定員オーバーの大好評イベントです。

その後、市民交流センターの自主事業で引き取っていただけて実施していました。そして今回は、無事に開催できたわけではありません。

先日、新型ウィルス感染防止で学校閉校の政府要請があったことを受け、市内の公共施設も休館措置がとられました。指定管理者制度で運営する交流センターも同様で、来週から休館となりました。

交流センターの行事イベントが中止の判断をされていたなかで、ずしまちクエストはギリギリのタイミングで開催できた次第です。勿論、手洗い・消毒・スタッフはマスクなど衛生管理には万全を期して行いまいた。

参加した小学生を3グループに分け、私は男子チームの同行サポートにつきました。

薬局で売れ筋の薬とウィルス対策を教わり、お惣菜屋さんで試食。ウクレレ屋さんでは演奏をお願いし(笑顔の対応に感謝です)、美容院では流行りの髪型を尋ねました。

J:comの密着取材もあり、充実したプログラムになりました。

最後に保護者も合流して、チームごとに発表大会です。

みんな、がんばりました!


(追記)

3月3日のデイリーニュースで放映されました。アプリ「どろーかる」を使って、つじちょうや出演した子どもたちと一緒に視聴しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA