夏の恒例、逗子開成で夜の授業「アンコンシャスバイアスと炎上CM」

娘たちが通っていた保育園で毎年、年長組の子どもたちが逗子開成中学校・高等学校でお泊まり保育をしています。

下のFacebookレポートは一昨年の様子。長女も次女も経験して「とても楽しかった!」と言っていました。

夜、子どもたちが寝静まった後の時間を使って、お世話をしてくれた生徒たちに私が「夜の授業」をするのが毎年の恒例になっています。

娘たちは卒園したのでもうお呼びがかからないかと思ったら、園長先生から又お声をかけてもらえました。

リピーターが多く、毎回内容を変えています。今年はどうしよう?と考えたなかで、「炎上CM」を見ることにしました。

全体のテーマはアンコンシャスバイアス

「無意識の偏見」について解説し、ジェンダーバイアスほか、LGBTとSOGIについて説明しました。逗子開成のみなさん優秀なので、なまじっかな大学生よりも食いつきが良い感じです。

ルミネ、資生堂、サントリーなどの炎上CMを見た後で、感じたことをディスカッション。炎上CMのネタ元と解説は、治部れんげさんの本を拠り所にしています。

炎上とはいえないけど批判が多いCM(日向市PR動画、ポカリスエット最新CM)もみてもらい、「炎上する理由がわからない」など率直な意見交換ができました。

そのなか「自分自身にバイアスがあると気づいた」のコメントがあり、まさにそこ!

授業が終わった後は、お楽しみの「なぞなぞ大会」。こちらが本番で、盛り上がりました。

保育士の先生がクイズを出し、正答した人から抜けていきます。私は最後の方まで残ってしまい、どきどきしました。

予習で買い求めた『BOYS 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』の本は、逗子開成の先生にプレゼントしました。こちらはSOGIの内容が中心でした。

授業、また来年も誘ってくださいね。また別なネタを仕込んできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA