逗子の未来協議会=自治基本条例検討ワークショップの第11回

月1回の頻度で開催している(仮称)自治基本条例検討ワークショップ=愛称「逗子の未来協議会」の第11回を行いました。私が司会進行役を務めております。

今回のテーマは「市政運営」。行政内の業務に関する事柄で、職員は熟知していますが、市民からは見えづらく、馴染みが薄いところ。議論が盛り上がるか心配でした。

・・Facebookページの事前予告もご参照ください。

今回の「市政運営」は、全16回予定の未来協議会のなかで、最も地味で工夫の余地が少ない回になるのでは?と個人的に思っていました。前回に宿題を出してハードルをあげたので、参加者が減ってしまうかもと予想しました。

いざ始まると、予想がいい意味で裏切られました。たくさんの方にお集まりくださり、熱心な議論が交わされました。

市政運営の話題に入る前に、アイスブレイクで「運営って何?」の話し合いを入れたことも、身近に引き寄せることができた効果がありました。

本題のお題はこちら。

グループごとに話し合うべき項目を決めましたが、その各項目は参加者のみなさんから出していただきました。項目決めの進行もスムーズにいきました。

グループの話し合いでは、市民および職員が混じって行いました。発表の時間では、新しい発想や仕組みの提案が色々と出てきました。逗子の市民力はさすが!と唸り、職員が熱心に話を聴く姿勢にも頭が下がります。

進め方に関するご指摘もいくつかあり、反省することしきり。力不足で申し訳ないです。

↓今日のスライドや配付資料が逗子市HPに早速アップされています↓
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/kikaku/jitikihonjyourei.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA