炎上とジェンダーの講演をすることになり勉強開始

かながわ男女共同参画センターから紹介された案件で、某団体で「炎上とジェンダー」をテーマに講演することになりました。

このテーマで話しをしたことはないのですが、アンコンシャス・バイアスとジェンダー平等であれば私の領域です。
参加者はシニア層の方が多いとのことで、カタカナ英語を使わずに、楽しく理解できる伝え方を研究します。

新たにアウトプットするテーマができたのが有り難く、これから集中的にインプットします。
最初に手に取ったのは、瀬地山先生の『炎上CMでよみとくジェンダー論』。

瀬地山先生の軽妙なトークが思い浮かぶ文章で、分かりやすく興味深い本でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA