ポケモンGOの旅〜オヤジひとり旅編

IMG_0954

主張することでもないのですが、ポケモンGOにハマっております。レベル23、捕まえたポケモン119まで来ました。毎朝と夜のポケモンバトル散歩が日課です。

ZushiLifeのタイトルブログなので逗子の話題をすると、「逗子, ポケモンGO」で検索しても目立った情報は出てきません。

でも、逗子でたまにレアなポケモンに出会えます。野生で見つけるのは超レアらしいシャワーズと新逗子駅前で会いました。逗子海岸では草っぱエフェクトが所々はねています。ルアーモジュールがよく舞うのはJR逗子駅前で、ポケスポが二つあります。

もともと、小三の長女がポケモンGOに反応し、良いコミュニケーション機会になる!と思って始めたのでした。日経ビジネスの株式会社ポケモン専務インタビュー記事に出ていたポケモンGOのコンセプトに納得です。・・次号の日経ビジネスはポケモンGO特集とのこと。

ゲームをしている子供を親が見た時に、こういうふうに遊んでくれるなら、うれしいと思えるような方向にしていきたい

ポケモンGOのおかげで、長女と夏休みのお出かけをセッティング。「ポケモンGOの聖地」である江ノ島と、シーパラ、赤レンガ倉庫、井の頭公園へ行きました。

でも実は、私ひとりでもポケモンGOの旅に出ています。仕事で出かけたついでに、新宿御苑、上野公園、池袋西口、代々木公園、渋谷センター街、大宮公園、小田原城、上田城、等、有名なスポットにいきました。

今日は広尾の大学で仕事を終えた後、目黒川へ。噂どおり、コイキングの巣でした。中目黒から大崎まで川沿いを歩き、いい運動になりました。

IMG_0951

これまでのベストスポットは、江ノ島でした。(→ブログ「長女とポケモンGOの旅 江ノ島が見えてきた、レアポケモンも近い」
*各スポットのレア出現度は時間帯によって変わるようです。

それが、昨日行った羽田空港第一ターミナルは、江ノ島を凌駕するスポットでした。新しいポケモンを入手できて満足。各所に電源とソファーがあり、快適でした。

haneda

私と同年代のサラリーマンがポケモンGOをしている姿をよく見かけます。羽田でパソコンを開いて仕事するフリをしつつ、ずっとスマホでフリックしている男性がいたり。ゲームしている自分が少し後ろめたいんですね。

そういえば、映画『シン・ゴジラ』を見に行ったときも、平日の昼間でしたが、私と同年代の男性が沢山いました。今日は大学で内定先の決まった四年生と、ゴジラとガメラと村上春樹の雑談をしました。

映画のキャッチコビーが「虚構か、現実か」。ポケモンGOを機に、ネット(虚構)とリアル(現実)の境目、インターネットの可能性と限界について色々考えます。

最近、Facebookなどでシェアされる情報をあまり見なくなり、リアルな内幕を好んで読むようになりました。政治のリアリティを曝す新刊が次々と出て興味深い。

ポケモンの本も手に取りました。私の知らない世界がありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA