PTAだより最終号。素敵な仕上がり。

PTA会長を三年間つとめました。PTAだよりの最終号をだしました。現役員のメッセージと新役員(=PTAサポーターに名称変更)を紹介する内容です。

作成担当の役員の方から「会長分は一枚分で作るのでメッセージください」と連絡があり、長めの文章を送りました。

そうしたら、素敵な仕上がりであがってきました。

PTA活動にご理解とご協力をくださり、ありがとうございます。

私が会長を務めた三年間は「ゆるく、楽しく!」の方針を掲げ、だいぶゆるくなったと感じます。さらに「楽しく!」に力を入れたいところでしたが、今年度はコロナ禍でほとんどの行事が中止になり、満足する活動ができなかったのが残念でした。そうしたなか、現PTA役員みなさんの明るさのおかげで私自身は救われることが大きかったです。

さて、久木小学校のPTAは改革を進めており、三年前に会員の任意加入とクラス委員を廃止し、以後は本部業務の負担を減らすために会議の回数と時間を半減させ、前例踏襲の行事や業務を見直し、相当にスリム化できました。最後にPTA規約の改正を行い、活動がより進めやすくなるよう整理できればと考えています。

今後も、できることを、できる人が、できる範囲の関わり方でPTA活動を盛り上げていければと思います。来年度のPTAサポーターはアクティブな方々が集まっており、ワクワクする活動を展開してくださることが期待できます。

これからも久小の子どもたちが安心して笑顔で学校生活を送れるように、PTA活動へのお力添えをよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA